産婦人科女医の日常、おすすめ、口コミ、体験談など
トップスポンサー広告> 原発と放射能とストレス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[Edit]トップ日常録> 原発と放射能とストレス

原発と放射能とストレス

2011.05.20 日常録
どうもどうも。

藤子フジ子だす



あれ(震災)からはや2ヶ月あまり。

こちらはだんだん普通の生活です。



スーパーやコンビニの品揃えも

なんとなーく回復してきたかなー

そんなことで

ごくごく普通の日常が日常であることを

幸せに感じる日々でございます。




とはいえ。


原発がいろいろでグダグダで駄目駄目なので

福島の皆さんはもちろん

東北、関東、もちろんその他の地域の皆さんも

きっと同じだと思うんですけど

毎日、とてつもなくストレスです。



最近覚えた言葉で申しますと、

ストレスフルなう。



つーか最近まで知らなかったのかよなう

と三村にはぜひつっこんで欲しいところです。





・・・と笑いの中に隠してはおりますものの

ワタクシ自身、

自らの故郷が汚染されてしまった悲しみと

自らが住んでいる原発から離れたこの地域でさえ

子供達と安心して暮らしていて良いのか

悩みに悩む日々とで

こうしていても、心が押しつぶされそうです。




テレビでは

地元野菜が頑張ってます

風評被害に負けないようにがんばりましょうと

ニュースが流れます。




福島から来た人に

放射能がうつるーなどとほざいたバカモノは論外ですが、

しかし

ワタクシ達がしなきゃいけないのは

復興のために

東北や北関東の野菜を食べることなんでしょうか?




それは違うと思うのです。




私達にできるのは

子供達をできるだけ被曝から守ること。


そして

未来の復興のために

土地を清浄化していくこと。




農家の皆さんを風評被害から守るといいながら

農作物の放射線量検査を回避したり

食物の暫定規制値を緩めたりするのが

正しいやり方だとは

ワタクシにはどうしても思えません。




全てを検査した上で全てを公表し

安心して供給していくのが正しいあり方ではないのか。



性別も年齢も体格も違う人々に対し

同じ規制値をクリアしたからと言って

皆にとってそれが安心な食べ物であると言えるでしょうか。


せめて

一番厳しいはずである乳幼児の基準に合わせて

決めるべきではないのですか?



そこんとこどうなの

教えてエロイエライ人

とワタクシは言いたい。




農家の保証は

国がしていくべきだと思いますし

電力の供給を受けていた国民全員が

税を払うことでそれを支えなくてはいけなくなるでしょう。



土地の清浄化にかかる費用もまた然り、です。







私達、一人一人の声は小さくとも

こうしてブログで呼びかけることで

何か変わることもあるかもしれないと思い書きました。



どうぞ、皆さん声をあげましょう。


政治家でない私達にも

できることはあるはずですから。





ランキングにも参加しております。
よろしければおひとつよろしくお願いしますノ(_ _ ノ)
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
人気blogランキングへ






スポンサーサイト
[Edit]
Secret

TrackBackURL
→http://fujikofujikoblog.blog98.fc2.com/tb.php/35-3b83b0b0 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。